読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

G7茨城・つくばサミットを問う会 / Action to Question G7 Meeting in Tsukuba, Ibaraki

16年5月15~17日につくば市で開催される「G7茨城・つくば科学技術大臣会合」に対し、地域住民の立場から、そして/あるいは地球民衆の場を目ざして、批判的に問うプロジェクトを進める有志の会。【核と被ばくをなくす世界社会フォーラム2016】賛同団体です。

5/14【シンポジウム】科学技術と核・軍事体制を問う

講演会・シンポ

G7科学技術大臣会合・対抗シンポジウム

科学技術と核・軍事体制を問う ビラ.pdf

2016/05/14 (sat) 14:30-18:00

 ・つくば文化会館アルス  アルスホールつくば市吾妻2-8、つくばエクスプレス秋葉原駅より快速45分→終点つくば駅A2出口から徒歩2分  Google マップ

・参加費 700円

パネリスト

★杉原 浩司さん(武器輸出反対ネットワーク【NAJAT】代表)

 :死の商人国家」連合に抗する武器輸出反対運動

★瀬川 嘉之さん(高木学校、市民科学研究室・低線量被曝研究会)

 :放射線被ばくを強制する国際原子力ロビーとその日本的起源―天皇・毒ガス・細菌・原爆調査―

★鵜飼 哲さん(一橋大学教員、フランス文学・思想)

 :フランス/日本、国家の核への欲望(仮題)

 

茨城県つくば市ではこの5月15日から17日にかけて「G7茨城・つくば科学技術大臣会合」が開かれます。つくば市は公的また民間の研究機関が集中する国内最大の研究開発拠点です。この地にやってくるG7の推し進めるグローバル資本主義およびそれに伴う紛争の現状と、科学技術(武器開発・輸出、核・原発保有、被ばく管理体制といったトピック)との相関性を捉えるために、この対抗シンポジウムでは<核・軍事体制>という枠組みを仮に設定し、そこから見えてくる日本と世界のいまの姿を露わにしようと試みます。

 

そして会合初日、15日(日)午後はデモします。タイトルは

UNWELCOME G7, GET OUT of TSUKUBA & the EARTH !!! / 来んなG7、つくばと地球から出ていけ !!!

  ・主催/G7茨城・つくばサミットを問う会
ブログ:http://g7tsukuba.hatenablog.jp
フェイスブック:https://www.facebook.com/g7tsukuba
ツイッター:https://twitter.com/g7tsukuba

・お問合せ/メール:g7tsukuba@gmail.com 
世話人電話:090-8441-1457加藤 / 080-5459-9576鈴木 / 090-3902-5801藤田

f:id:g7tsukuba:20160519233546j:plain